オデコの脂分泌を抑えてテカリを無くすための洗顔方法

オデコのテカリが気になっている方に必見です。

 

オデコのテカリ具合は洗顔方法によっても変わってきます。

毎日こまめに洗顔していても、時間とともにオデコがテカリ出してくるのには理由があります。

 

 

オデコのテカリの原因は、皮脂が顔の場合には多いことから、皮脂分泌によりテカリやすいです。

お肌の水分を保つ働きは、皮脂の機能であります。顔の水分を保っているのも皮脂の機能が働いているからです。

 

皮脂の働きがなければ、顔の肌はカサカサに乾燥してしまい、お肌のトラブルになってしまいます。

 

顔のお肌が潤っているのは皮脂の働きがあってこそだと言っても過言ではありません。
大切な働きをしている皮脂ですが、洗顔をしてお肌を清潔にしていてもすぐにテカリ出すのは、どうしてでしょう。

 

その理由は、皮脂の過剰な分泌によって起こることも知られています。

 

皮脂が過剰に分泌する原因は、洗顔の時にお肌の皮脂を必要以上に取り除いてしまうことです。

 

オデコのテカリが酷いためにテカリを取るために、洗顔料などでゴシゴシと洗うと必要な皮脂まで取り除いてしまい、
それを察知したお肌は、皮脂を増やすために分泌を始めます。

 

必要な皮脂を取れば取るほど、皮脂の分泌が増えてきて、ますますオデコのテカリが酷くなってきます。

 

オデコの脂分泌を抑えてテカリを無くすための洗顔方法は、余分な皮脂だけを取り除く洗顔方法が望ましいです。

皮脂が過剰に分泌していても、お肌の潤いは不足している場合もあるので、水分の補給は欠かさずに余分な皮脂を取り除くことが大事です。

 

 

洗顔の時に必要な皮脂まで落としてしまうのは、洗顔の時の湯温にもよります。洗顔の時に洗顔料などを流すお湯の温度が高いと必要な皮脂まで落ちてしまいます。水やぬるま湯などでは落ちない皮脂も、高い湯温では落ちてしまいます。

 

高い温度のお湯で顔などを洗うと肌がカサカサするのは、お湯の温度によることがわかっています。

洗顔料の使い方(説明)には、洗い流す時には水かぬるま湯で洗い流して下さいと書いてあるのはそのような理由からであることも知られています。

 

洗顔後のお肌は柔らくなっていて、皮脂の汚れも取れているんおで、水分補給も吸収しやすい状態になっています。

洗顔後に化粧水などで水分補給をするのは、皮脂の汚れによる皮脂のつまりがない肌に水分を補給するためであると考えられています。

 

 

洗顔後には、必ず化粧水などで水分補給することも忘れずすることがオデコの脂分泌を抑えてテカリを無くすことに繋がります。

水分補給した後は、乳液やクリームなどで、お肌の水分を逃さないように乾燥対策することもオデコのテカリを無くす方法です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です